有機野菜とは?有機JAS規格の野菜について

有機栽培の野菜

家族が食べる野菜は、安心なものを選びたいですよね?

農家さんが有機肥料を使用して栽培した野菜の事を有機野菜と呼ぶこともありますが、有機野菜として販売するためには、農薬や肥料の使い方が決められた規格があり、これに準じて栽培されたものが有機野菜として販売されています。

一般的な野菜は慣行農法と呼ばれ、農薬や化学肥料を使用して栽培された野菜が多いです。

ただ、見た目では有機野菜か、そうでないかを見分けることが困難です・・・

そこで、有機野菜かどうかを見分ける方法で、『有機JASマーク』が付いているかを確認する方法があります。

有機JASマークとは?

有機JAS認証マーク

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

つまり、この有機JAS認証のマークが無いものを、
有機野菜・オーガニック野菜として販売してはいけないのです!

そのため、日本で販売されている有機農産物にはこの有機JASのマークが必ずついています。

ただ、この有機JASの認証をとるには多くの費用と時間がかかります。

そのため、有機マークはついていないけど、有機野菜と同じ栽培方法で作られた野菜も多くあります。

有機野菜を購入するなら、ネットの宅配・通販を使うのが便利!

実際に有機野菜を購入しようと思っても、近くに専門店がなければ購入するのは大変です・・・

ですが、ネットで注文できる有機野菜の宅配・通販サービスが多くあるので、手間や時間を掛けずに注文することができます。

大手の会社だと、

があります。

ただ、宅配・通販の会社が販売している野菜が全て有機野菜とは限らないので、注意が必要です。

購入する前に、野菜の栽培方法を確認することができるので、その中で有機野菜を選べば大丈夫です。

まだ使われたことが無い方は、初回限定で購入できるお試しセットもあるので、まずは試しに使ってみるもの良いかもしれないです。

サブコンテンツ

更新情報配信

もしよかったら・・・応援よろしくお願いします!

このページの先頭へ