安心安全の食材を皆様へ!秋川牧園を取材してきた

突然ですが、あなたが普段食べているものは、安心安全なものですか?

普段食べているものが、どのようにして作られているか知っていますか?

秋川牧園は『安心安全への挑戦』をコンセプトにし、健康で安全な食べ物づくりを行っている企業です。

野菜は、無農薬で栽培されていて、牛乳、卵、お肉は生産から加工まで自社で行い、放射能検査も自社で行っています。

安心安全な食材が、私たちに届くまでの現場を取材してきました。

秋川牧園は『口に入るものは間違ってはいけない』という信念を大切にしている

秋川牧園本社入り口

秋川牧園さん
山口県の秋川牧園の本社までお越しいただき、ありがとうございます!
野菜人
とんでもないです、
今日はよろしくお願いします!

早速ですが、秋川牧園の宅配サービスの特徴を教えて頂けますか?

秋川牧園さん
秋川牧園は先代、秋川房太郎の創業から80年間、消費者様との信頼を大切にしています。

『口に入るものは間違ってはいけない』という信念を大切にしています。

野菜に関しては、無農薬100%であること。

そして、地元生産、直営生産をメインにしつつ、多産地とのネットワークを活用することで品目のバラエティを確保しています!

野菜の生産について

野菜人
無農薬100%はすごいですね。

無農薬栽培では、どのような事に気をつけているのでしょうか?

秋川牧園さん
病気や害虫の被害を受けても、農薬で対処できないので、より細やかに野菜と向き合う必要があります。

雑草の処理も大変ですが、除草剤を散布するわけにはいかないので、とても手間がかかります。

会員様に毎日食べてもらいたいと思い、全ての野菜に気を配りながら、年間で約100種類の野菜を多品目少量栽培しています。

野菜人
有機JASは取らないのですか?
秋川牧園さん
有機JASを取るのには費用がかかります。

そこにコストを掛けるよりは、少しでも安い値段で良い野菜を提供したいと考えています。

そのため、有機JASは取っていないです。

また、有機JASでは使用が認められている農薬もありますが、そういったものも秋川牧園では使っておりませんので、ご安心頂けると考えています。

野菜人
野菜以外には、どのような商品がありますか?
秋川牧園さん
野菜以外でも、食品全般を扱っております。

卵、牛乳、鶏肉、豚肉、牛肉、冷凍食品を秋川牧園グループで生産し、お届けしています。

多くの生鮮品が、自社製品で揃うことが自慢の一つです。

野菜人
その中で、一番のおすすめはありますか?
秋川牧園さん
最も人気があるのは鶏肉です。

エサ(飼料米を与える全植飼料)と、飼い方(日光の当たる開放鶏舎で薄飼い)にとてもこだわっています。

秋川牧園の若どり農場

秋川牧園さん
『卵』も多くの方からお取り寄せ頂く、自慢の一品です。

たまごの生産

秋川牧園さん
卵ご飯にした時の風味が、他の卵とぜんぜん違うというお声を頂いている、人気の商品です。
野菜人
鳥にこだわって、育てているのなら、卵に人気があるのも納得ですね!
秋川牧園さん
せっかく遠くからお越しいただいたので、生産の現場や、放射能検査、そして、出荷までの様子を見て頂きたいと考えております。
野菜人
ありがとうございます。
よろしくお願いします!

秋川牧園グループの『むつみ牧場』で安心・安全な食材の生産現場を見てきた

むつみ牧場(秋川牧園グループ)

秋川牧園さん
まずは生産の現場をご案内します。

こちらが秋川牧園の牛乳の約90%を生産する主力農場、むつみ牧場です。

秋川牛乳は、むつみ牧場と山口市の長谷牧場で生産される乳のみを使用しています。

75℃で15分間じっくり殺菌する『バッチ式殺菌』を採用していて、とても美味しいんです!

牛乳の生産

秋川牧園さん
牛乳の生産はもちろん、その堆肥を利用して野菜の生産も行っています。

今日はこちらの農場をご案内致します。

むつみ牧場集合写真
秋川牧園さん
写真中央のお二人が、牧場主の手嶋さんご夫妻です。

むつみ牧場のことは、手嶋さんにお願いしますね。

むつみ牧場 手嶋さん
はい、任せてください!

むつみ牧場の事は私が案内致します。

野菜人
よろしくお願い致します!
むつみ牧場 手嶋さん
この辺りは耕作放棄地になっている場所が多かったので、その土地を借り、開墾し牧草や野菜を栽培しています。

ウシたちが食べる牧草も無農薬で肥料も堆肥のみで栽培しています。

ソルゴの収穫

むつみ牧場 手嶋さん
この牧草はソルゴーという品種です。かじると甘いので、カジって見てください。
野菜人
えっ!?

人が口にしても大丈夫なのですか!?

むつみ牧場 手嶋さん
無農薬なので、問題ありません。
野菜人
サトウキビに近い感じで、芯の部分が甘いですね!

牧草が美味しいとは知りませんでした(笑)

むつみ牧場 手嶋さん
牛にも美味しいものを食べさせたいですから(笑)

次は、牛舎の中をご案内します。

むつみ牧場の牛舎(外)

むつみ牧場 手嶋さん
このピンクの屋根の建物が牛舎です

自家用飼料開封

野菜人
この大きい白い塊は、何ですか?
むつみ牧場 手嶋さん
これは、さきほどの牧草は刈り取ってから、ラップをしたものです。

剥がして中をお見せしますね。

乾燥牧草(1ロール)

むつみ牧場 手嶋さん
このロール1つで約200kgあります。

安全性を追求し、自給飼料に力を入れています。

まだ全てをまかなえていないので、アメリカの乾燥牧草も購入しています。

野菜人
牛も、牧草の味の違いがわかるのですか?

牛(食事風景)

むつみ牧場 手嶋さん
牛は頭がいいので解りますよ。

実際、自分たちで作った牧草の方がよく食べてくれます。

野菜人
たしかに、人が食べても美味しい牧草でしたからね(笑)
むつみ牧場 手嶋さん
次は牛乳を搾る、搾乳(さくにゅう)施設をお見せします
搾乳場所

むつみ牧場 手嶋さん
この場所で、1日2回搾乳を行っています。
野菜人
 あれ?何か音楽が聞こえますが、これは?
むつみ牧場 手嶋さん
牛がリラックス出来るようにクラシック音楽を流しています。
野菜人
 すごいですね、そんな工夫もされているのですね。
牛の飼育
むつみ牧場 手嶋さん
基本的に、牛にストレスの掛かることはしないようにしています。

鼻輪も空けないですし、足元のおがくずも3,4日ていどの周期で取り替えています。

時間やコストもかかりますが、安心・安全なものを作るためには、手間暇を惜しんではいけないと考えています。

むつみ牧場の野菜について

むつみ牧場 手嶋さん
次は、牛舎から移動して、野菜についてご案内しますね
野菜人
よろしくお願いします!
むつみ牧場 手嶋さん
むつみ牧場では、この辺りの土地を借り受けて、大きめの土地では飼料作物をつくり、ちいさめの畑で野菜を栽培しています。

最初は耕作放棄地も多く、それを畑にしました。

野菜人
昔からずっと畑だと思っていたのですが、そうでは無いのですね。

耕作放棄地を畑にするのは大変だったのでは無いですか?

むつみ牧場 手嶋さん
最初は畑を耕すのにも本当に苦労しました。

雑草などがしぶとく絡まり、トラクターで耕すのも骨が折れました。

野菜人
 そんな苦労までして、どうしてこの場所を畑にしようと思ったのですか?
むつみ牧場 手嶋さん
この辺りの土は『魔法の土』と言われています。

雨がふらなくても種が発芽するぐらい、保水力もあり、野菜もよく育ちます。

苦労の甲斐もあり、今は野菜の栽培を行えるようになりました。

栽培用マルチシート

むつみ牧場 手嶋さん
基本的に野菜の栽培はマルチシートを土に被せ、生産をしています。

防虫ネット

むつみ牧場 手嶋さん
そして虫を防ぐために、ネットをしています。

こうすることで、無農薬でも虫食いの少ない野菜を作ることが出来ます。

野菜人
 むつみ牧場での生産は何年目になるのですか?
むつみ牧場 手嶋さん
約4年前から、無農薬の野菜の栽培を初めました。
もちろん、秋川牧園グループの他の圃場ではそれよりも前から栽培を行っています。
野菜人
 野菜を作る時の肥料は、どのようなものを使っていますか?
むつみ牧場 手嶋さん
肥料は秋川牧園の鶏糞と、牛糞の堆肥をメインに使用しています。

基本的に、他の有機肥料はつかっておりません

野菜人
 栽培面積はどれくらいでしょうか?
むつみ牧場 手嶋さん
1.5ヘクタールあって、小さい畑が43枚あります。
野菜人
 43箇所もあるのですね!
むつみ牧場 手嶋さん
1枚の畑が小さいので、数が多いです(笑)

少数多品目で栽培しておりますので、いくつかの畑をお見せします。

大根の圃場

むつみ牧場 手嶋さん
ここは、大根の畑です。

大根は葉っぱ付きで収穫して、皆様にお届けしています。

これはもうすぐ出荷するのでネットを剥がしています。

むつみ牧場 手嶋さん
次は、キャベツの畑です

キャベツ畑

キャベツ

むつみ牧場 手嶋さん
こちらの畑では、レタスを栽培しています。

レタス畑

レタス

むつみ牧場 手嶋さん
多品種少量生産で栽培しているので、効率は悪いです。

ですが、会員の皆様に安心・安全な野菜を食べて頂けるように頑張っています!

野菜人
自分が普段食べている食材の生産現場を見られて、非常に勉強になりました!

これからも、頑張って下さい!

秋川牧園さん
それでは、少し移動して加工食品工場をご案内します。

冷凍食品工場では、秋川牧園で育てた鶏肉のみを使用した加工品を製造しています。

秋川牧園の冷凍食品工場

野菜人
 こちらの建物は?
秋川牧園さん
こちらは、秋川牧園の冷凍食品工場です。

この工場の中に入るのは、全て秋川牧園のお肉なので、食肉偽装の心配はありません。

秋川牧園さん
 工場の2階から、食品の加工現場をご覧いただこうと思います。

食品加工現場1

秋川牧園さん
 機械化された商品も多いですが、手作業で包丁を使った加工もしています。

食品加工現場2

野菜人
機械の位置を動かしていますが、清掃のために移動しているのですか?
秋川牧園さん
 いいえ、テーブルや機械を移動して生産ラインの移動もします。

同じ商品をずっと作っているのではなく、お取引のある会社様ごとに合わせて、様々な商品を作っております。

秋川牧園さん
本日は、試食も用意しましたので、召し上がってください
野菜人
ありがとうございます!

チキンナゲット(試食)

秋川牧園さん
 奥がチキンナゲット、手前がチーズささみロールです。

チーズササミロールは中にチーズをいれて、くるくるっと巻いて、完全に手作業で作っています。

あとはパン粉をつけて、油であげています。

野菜人
 お肉はすべて、秋川牧園で育てた鶏肉だけですか?
秋川牧園さん
 自社で鶏の生産から、加工まで一貫し行っています。他のお肉は混ざっていません。

また、しょうゆや塩などの味付けも、この工場で行っています。

自社で行っているのは珍しいと思います。

野菜人
 調味料にまでこだわっているのは、確かに珍しいですね!

本当に美味しかったです、ごちそうさまでした!

放射能検査は、自社内に検査室を作り測定を行っている。

放射能検査(研究塔)

秋川牧園さん
ここの研究棟では、放射能検査を行っていますので中をご案内します。
野菜人
はい、よろしくお願い致します。

研究塔入り口

野菜人
放射能検査はどの商品の検査を行っているのですか?
秋川牧園さん
主に自社製品・宅配部門で取り扱っている商品の検査を行っています。

また、鶏のエサについても放射能検査を行っています。

野菜人
どのように放射能検査をしているか、教えて頂けますか?
秋川牧園さん
はい、それでは順番にご説明していきますね!

放射能測定機械

秋川牧園さん
こちらの『LB 2045』という放射能検査機器を使用し、日々検査を進めております。

測定用カップ

秋川牧園さん
この容器の中に検査をする、商品を入れます。

検査用食材

秋川牧園さん
検査の精度を上げるために、できるだけ細かく切り、しっかりと詰め込みます。
野菜人
どうして、細かく切ると精度が上がるのですか?
秋川牧園さん
空気が入ると密度が低くなり、誤差が生じやすいからです。

そのため、包丁やミキサーなどを使用して、検査する商品を細かくしています。

放射能検査測定器

秋川牧園さん
そして、先程のカップをこの機械にセットし、フタを占めます。

内側が鉛になっていて、厚さが5cmあります。そのため、重量は80kgあります。

野菜人
1つの商品で、検査時間はどれくらいかかるのですか?
秋川牧園さん
商品ごとに検査時間は異なります。

お肉などの、密度が高く重いものは30分。

ほうれん草などの葉物野菜は60分ほど。

ちなみに、かつお節などの軽いものは10時間以上かかるので、その日の業務の最後に機械へセットし、翌日にチェックします。

検査するのに時間がかかるので、ここでは、一日に10件前後の商品を検査しています。

野菜人
検査する商品は、どのようにして選んでいるのですか?
秋川牧園さん
基本的に、自社の畜産物や野菜、水産系のリスクの高いと思われるもの、お問い合わせがあったものに注力して放射能検査をしています。

秋川牧園では産地にこだわっているのが一番の放射能対策だと思います。

その上で、念の為に放射能検査を行っているとご理解頂けると幸いです。

野菜人
全ての商品の検査を行っているのですか?
秋川牧園さん
正直に申し上げると、全ての検査を完璧に行うことは出来ません。

ただ、自分たちが出来る範囲のことを正直に消費者様にお伝えし、安心・安全な食材をお届け出来る体制を整えています。

野菜人
安心は信頼関係が一番大切ですね。

誠実な対応をして頂ける、秋川牧園さんの商品なら安心して購入することが出来ます。

秋川牧園で生産・製造された食材は配送センターで仕分けし、会員様にお届けしています。

秋川牧園さん
こちらが、秋川牧園の配送センターです。

秋川牧園で生産した商品を、ここで検品を行い会員の皆様へ発送しています。

配送センター仕分け作業

野菜人
私が購入した際には、ダンボールで商品が届きましたが、青い発泡スチロール箱は?
秋川牧園さん
青い箱は、秋川牧園が直接お届けまでする、山口・関西の一部地域で使用しています。

直販事業

秋川牧園さん
会員様のご自宅に直接伺いますので、後で回収が出来るように、発泡スチロール箱を使用しています。

段ボール箱での出荷

秋川牧園さん
ダンボール箱は、直接配達が出来ない地域のお客様にお送りする際に使用しています。

宅急便でお届けしておりますので、全国発送に対応しております。

野菜人
この建物の中はとても涼しいですね、作業している皆さんも長袖を着ていますね

冷蔵庫内作業風景

秋川牧園さん
配送センター内は、冷蔵・冷凍の商品を扱っているので、しっかりと冷房が効いています。

鮮度の良い状態で、商品を発送できるように心がけています。

最後に秋川牧園さんからのメッセージ

野菜人
今日は一日お付き合いいただき有難うございました。

食材の生産現場から、会員さんへ梱包・配送までの工程を見れて、とても勉強になりました!

野菜人
もしよかったら、最後にこのページを見ている方々へ、メッセーをお願いできますか?
秋川牧園さん
このページを見られている方は、『安全な野菜』に興味をもって頂いていると思います。

ぜひ、野菜だけでなく、『安全な食材』にも興味を持って頂けると嬉しく思います。

サブコンテンツ

更新情報配信

もしよかったら・・・応援よろしくお願いします!

このページの先頭へ