無農薬野菜とは言ってはいけない!?農産物の表示ガイドラインについて

『無農薬野菜』って聞くと、農薬が使われていない安心な野菜をイメージしませんか?

無農薬野菜の収穫

実は、『無農薬』という言葉は、消費者に誤解を与える可能性が高いとの事で、使用してはいけないのです!

「無農薬」の表示はなぜ駄目なのか?

「無農薬」の表示は、生産者にとっては、「当該農産物の生産過程等において農薬を使用しない栽培方法により生産された農産物」を指す表示でしたが、この表示から消費者が受け取るイメージは「土壌に残留した農薬や周辺ほ場から飛散した農薬を含め、一切の残留農薬を含まない農産物」と受け取られており、優良誤認を招いておりました。

引用元:特別栽培農産物に係る表示ガイドラインQ&A(農林水産省)

野菜を栽培している期間は農薬を使用していないから『無農薬』と考える人もいれば、野菜を栽培している土にも全く残留農薬がなく、『無農薬野菜』の方が『有機野菜』よりも良いものだとイメージする可能性があります。

つまり、無農薬野菜と言う言葉を聞いた時に、人によって受け取るイメージが違い、誤解されるので使用してはいけないのです。

有機野菜と無農薬野菜の違いは?

有機野菜として販売するためには、有機JASの規格を守った栽培方法で野菜を生産し、有機JASマークを取得する必要があります。


有機野菜の中には、農薬を使用せずに栽培された野菜も多くあります。
そのため、有機野菜と無農薬野菜の一番の違いは、国の認可を受けた明確な基準があるかの違いだと感じます。

安心・安全な野菜はどこで購入することが出来るのか?

ネットの有機野菜の宅配サービスを利用するのが、一番手軽に購入できます。

一番安い、大地宅配のお試しセットなら980円で購入できるので、まだ有機野菜を購入したことが無い方にとっては、試してみる価値はあると思います。

サブコンテンツ

更新情報配信

もしよかったら・・・応援よろしくお願いします!

このページの先頭へ